ヒゲを除毛する為に身体用の除毛クリームを使っても平気?

身体用除毛クリームの主な効果とは?

身体用除毛クリームの主な効果とは?

身体に使う除毛クリームの主な効果は、ムダ毛を含まれている成分の作用によって溶かして取り除くことです。

人の肌は弱酸性なのですが、除毛クリームはアルカリ性になっていて弱酸性のものを溶かすことができます。

取り除いた後のムダ毛をチェックしてみると縮れていますが、これはムダ毛の組織を破壊して弱まらせて除去しているためであり、効きやすい人と効きにくい人がいるのは元々の毛質に個人差があるためです。

同じ人でも生えている箇所によって効き方に差があり、しっかりとしたムダ毛が生えている箇所に対して行うと規定時間ぎりぎりまで待っても綺麗に取り除けないことがあります。

放置する時間は、それぞれの毛質や行う箇所で判断することが重要です。

ヒゲ用除毛クリームの主な効果とは?

ヒゲ用除毛クリームの主な効果とは?

除毛クリームとは、毛を抜くことで除去するいわゆる「脱毛」ではなく、薬用成分で毛を溶かす効果を持つものを言います。

使い方は簡単で、ヒゲの生えている箇所にクリームを塗って毛が溶けるのを待ち、最後に洗い流すだけでよいです。

個人差がありますが、数日から1週間程度は毛が生えてこなくなります。

ただし、除毛クリームは基本的に体に使用するために開発された経緯があるため、ヒゲの除毛に利用したい場合は、ヒゲの除毛に使うことも考慮したマイルドな成分のものを選ぶように注意しましょう。

初回はいきなり顔に塗るのではなく、手足の目立たない部位で効果確認し、利用後にひりつきを感じたり肌が赤く荒れるなどの症状が出たら顔に使うのはやめておきましょう。

顔に使うときも、最初はごく少量で試して問題のないことを確認してから全体に使うようにしましょう。

身体用とヒゲ用除毛クリームの違いとは?

身体用とヒゲ用除毛クリームの違いとは?

ヒゲをツルツルにしたいからと言って、身体用の除毛クリームを使わないでください。パッと見はどちらも同じように見えます。

しかし、人間の皮膚は場所によって薄さが違います。顔の皮膚は最も薄いのでとてもデリケートです。

だから、身体用の除毛クリームとは成分が違います。ある程度の厚みのある皮膚でも大丈夫なくらいに作られていますのでヒゲの除毛には向いていません。

そもそも除毛クリーム自体、ムダ毛を溶かすだけの強い成分が入っています。ムダ毛は主にタンパク質で作られており、タンパク質を溶かす成分が入っているので身体に使っても肌荒れする恐れがあります。

肌に優しいように見えるかもしれませんが、実は肌の負担が大きいので正しく使ってください。