ヒゲ除毛クリームの安全性はどのくらい?使って大丈夫?

ヒゲ除毛クリームの成分って一体何?

ヒゲ除毛クリームの成分って一体何?

ヒゲの除毛クリームの成分は、ほとんどの製品がチオグリコール酸カルシウムや水酸化ナトリウムという強いアルカリ性のものです。

除毛の原理は毛が抜けているのではなく、アルカリ性の成分がタンパク質を分解して溶かしています。

肌もタンパク質なので除毛クリームで溶かされるので、これがヒリヒリとする痛みの原因です。

除毛クリームを使った後の肌はダメージを受けているため、保湿を行う必要があります。

そのため、保湿成分も含まれており、また、複数の成分を均一に混ぜ合わせるために界面活性剤も含まれます。

ヒゲの除毛クリームですが、厳密には体の他の部位に使うものを注意書きを無視して使用するため、肌の弱い顔に使うと赤くなったり腫れることがあります。

肌の状態は日々変わるので、毎回パッチテストをしてから使用しましょう。

ヒゲ除毛クリームで肌が荒れる事はある?

ヒゲ除毛クリームで肌が荒れる事はある?

単純に剃るよりも効果を長くもたせることのできる除毛クリームですが、ヒゲの処理に使う場合には肌が荒れる事もあります。

肌が荒れてしまうのはアルカリ性の成分によってダメージを受けるからであり、弱酸性の肌に対しては刺激の強いものになります。

顔専用の除毛クリームを使った場合でも刺激を与えずに処理を行うことはできませんので、元々の肌が弱い人は注意しながら取り入れることが大切です。

ヒゲの処理を行った後にしっかりと保湿ケアを行えば肌のバリア機能が強化されてトラブルを防ぐことができますので、アフターケアを充実させるようにしましょう。

また、合わない成分があれば覚えておいて、購入する際に含まれないものを選ぶようにします。

誰でもヒゲ除毛クリームは使用できるのか?

誰でもヒゲ除毛クリームは使用できるのか?

カミソリやシェーバーよりも少し深い部分からヒゲの処理できる除毛クリームは非常に便利なグッズであり、価格的にもリーゾナブルですので取り入れている人は少なくありません。

しかし、誰でも使用できるというわけではなく、肌コンディションが落ちている時に利用するのは危険ですし、敏感肌の人も避けた方が無難です。

アルカリ性の成分によってムダ毛を溶かすほどの作用を持ちますので、肌が万全の状態の時に利用しないと深刻なトラブルにつながる恐れがあります。

肌に優しい商品と記されている場合でもトラブルが既に起きている時には利用しない方が良いですし、優れた美容成分が含まれていたとしてもムダ毛を処理するグッズであることに変わりはありませんので負担があります。